シャンプーを加齢臭専用のものにチェンジ!髪の美しさ保てる

女の人

コームの特徴

アイロン

髪を整えるためには意外と技術が必要です。女性なら髪が長い人も多いので、髪の溶かし方やヘアスタイリング術など、知識と実践力が身に付いている人も多いのですが、全く興味がない人にはその技術は神業とさえ見えてしまうほどです。そんな人は基礎から学んでいくことにしましょう。髪の美しさを保つためには、まず櫛やブラシを使って髪を梳くことから始めましょう。櫛やブラシにはデンマンからクッションブラシ、ロールブラシまでありますが、これは髪をスタイリングする際には必ず必要になってくるものです。しかし、まず絡まった髪を毎日梳くことから始め、髪の状態を保護するのに努めましょう。

ところで、デンマンとはどんな櫛なのでしょうか。薄っぺらいタイプのコームとは違って、このコームは半円形になった筒部分に歯が並んでいる形となり、普段起き抜けに髪を梳く際に利用することが多いです。とても身近なものですが、髪をアレンジしたり、頭皮をマッサージするときにも使うことができます。髪が細いという人は、薄いコームを使うよりはこういった歯がまばらに配列されているものの方が梳きやすいでしょう。髪を無理に引っ張ってしまうと、表面も傷つきますし、頭皮に負担をかけてしまうことになります。そのためデンマンが適しているのです。デンマンが頭皮マッサージに良い理由としては、ブラシとは違って毛ではなくプラスチックや木で刺激するからです。しかし、刺激が強すぎないように優しくマッサージする必要があります。